自己破産のデメリット特集|家族には影響があるのか徹底調査!

自己破産のデメリット特集|家族には影響があるのか徹底調査!

自己破産のデメリット特集|家族には影響があるのか徹底調査!

自己破産のデメリット

自己破産にはどんなデメリットがあるの?

・家や車など価値のある財産を失う
・一定期間、ローンやクレジットカードを利用できない
・裁判所による手続きであるため時間がかかる

「わたしが債務整理をするとき、自己破産は本当に最適なの・・・?」
そう疑問に感じた方、
※まずは、匿名・無料のシミュレーションをしてみましょう
5つの簡単な質問に答えるだけで、自分に最適な債務整理がなんなのか診断できます!


⇒匿名で無料診断してみる


シミュレーションをすることも、もちろん重要なのですが、
法律の専門用語ばかりでなんだか難しい!
とにかく早く借金問題を解決させたい!

と思っている方は、ぜひ一度、専門家に相談してみましょう。
借金問題のプロがわかりやすくあなたの状況やこれからに向けたアドバイスなどをしてくれるはずです。

 

 

無料で相談ができるおすすめの弁護士事務所

借金お助け相談センター

24時間365日対応可能

初期費用¥0,分割払い可

相談は何度でも無料

 


⇒借金お助け相談センターに無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-358-071

 

おすすめの弁護士事務所をもっと知る

 

自己破産とは?

自己破産とは、自ら申し立てをし、それに対して裁判所から免責許可が決定されると、自分の財産を失う代わりにすべての債務が帳消しになるというもので、借金の整理方法の中でも特に有名です。破産という言葉がついていますので、どうしてもネガティブなイメージを持たれる傾向にありますが、この方法はすべての借金を支払う義務がなくなる方法ですので、借金のことで悩まれている場合は、借金を整理してゼロからやり直すチャンスを得ることができます。

 

自分の財産を失うというのは、一般的に生活をするために必要な物を除きますが、家や車などを所有している場合は財産に含まれますので、手放さなければなりません。

自己破産をするための条件

実際に自己破産を行うためには、どのような条件があるのでしょうか?
それは、ずばり、”支払不能状態にある者”です!
その支払不能状態とは、

借金返済に充てるための財産を有しない者
借金返済に充てる金銭を調達することが難しい状態にある者
すでに履行期にある返済が滞っている者
継続的かつ客観的に見て、弁済能力がないと判断できる状態にある者

こういった条件を元に、裁判所が申立人の年齢や性別・職業・収入・家族構成などなどを参考にして支払い能力の有無を総合的に判断します。つまり、申立人の状況次第で自己破産が認められるかどうかも変わってきます。

 

 

自己破産のメリット・デメリットってなにがあるの?

自己破産について知ったところで、次に実際に自己破産はどのようなメリット・デメリットを抱えているのか見ていきましょう。

メリット

デメリット

 

・借金問題の解決

 

・自分の財産は失われてしまう(家・車など)
・ローンやクレジットを一定期間利用できなくなる
・裁判所の手続きに時間がかかる
・一時的に職業や資格に制限が出る

自己破産をする最大のメリットはなんといっても借金問題が解決することです。
自分が抱えている債務のすべての返済義務がなくなるというのは、本当に大きなメリットです。
ですが、もちろんいいことばかりではありません。多額の借金を抱えても、自己破産すればいいなどといった甘い考えを防ぐためにも、そのデメリットもまた、大きくあります。

自己破産のデメリットとしては、まず、価値のある財産を失うということがあげられます。もともと財産をあまり持っていない、持ち家ではない場合などはそれほど大きなデメリットではありませんが、家や車といった価値のある財産を持っている場合はそれを手放さなくてはいけません。
また、官報に掲載され、信用情報にも掲載されることとなります。それによってローンやクレジットを一定期間利用できなくなります。
あとは、裁判所の手続きが必要ですので、どうしても時間がかかる傾向にあることや、手続きが複雑であるため、法律の知識がないとひとりで手続きを行うのは難しい場合があることです。
さらに職業や資格には一時的ですが、制限が出る場合もあり、当てはまっている場合はその間は仕事ができませんので、やはりデメリットと言えます。


このように、自己破産は大きなメリットがある反面、それに伴うデメリットもあります。
本当に自分に適した債務整理方法が自己破産なのか、申し立てをする前によく検討することが大切です。

自己破産をするには

いざ自己破産をするとなったとき、なにか不安がある場合、やはり専門家に聞くのが最善だと思います。
自分がいまどういう状況なのかを知り、その上で適切な債務整理を検討するというのも大切です!

弁護士事務所の選び方

 

自己破産の大まかな流れ

まず裁判所に自己破産の申し立てを行うために、債務などの情報を集め自己破産申立書の作成や、申立書に添付する必要書類を揃えていきます。それらがすべて集まったら、裁判所に自己破産の申立てを行います。その後、裁判所において、申立書のチェックや破産についての審議が行われていき、免責の決定が行われれば、自己破産が成立し借金はすべて帳消しになります。
このような流れで、申立てから免責が決定されるまではトータルで4~6ヶ月程度かかります。

 

本当に自己破産がいいのか?

今まで見てきたように、自己破産という債務整理方法は、借金が帳消しになる一方で、幾つかの大きなデメリットを背負わなければなりません。そのため、債務整理の中でも最終手段として考えられています。

では、ほかにはどのような債務整理の方法があるの?

債務整理の方法には、自己破産のほかに
・任意整理
・特定調停
・個人再生
などがあります。

それぞれの方法をわかりやすく解説していきます!

任意整理

任意整理とは、弁護士や司法書士に依頼して、過払い金請求や利息・損害金カットの交渉ができるものです。この債務整理方法の大きな特徴は、裁判所を通していない点で、弁護士や司法書士により交渉が行われます。基本的に、債務者が収入の中から3~5年で返せる見込みがある場合に選択する方法です。

 

特定調停

特定調停とは、債務者の申し立てによって、簡易裁判所の仲介により債権者と話し合いを行って、うまくいけば元本が減額されたり、返済条件が軽減されたりします。また、あまり専門的な知識も必要なくほかの債務整理方法よりは早く解決します。(申立後1ヶ月程度)ただ、あくまで双方の話し合いによるので、返済の見通しが立てられない場合は利用できませんし、必ずしも債権者が協力的とも限りません。

 

個人再生

個人再生とは、裁判所によって認められた再生計画に基づいて、その再生計画を3年間ちゃんと実行できた場合、残りの借金が免除されるという手続きです。ただ、個人再生は、住宅ローンなどを除く債務総額が5000万円以下であって、将来一定の収入が見込まれる個人債務者が利用できる債務整理です。ちなみに個人再生の場合、マイホームなどは残すことができます。

 

自己破産

そして自己破産は、自分の財産を失う代わりに借金をすべて免除されるものです。債務者が多額の借金により完全に経済的に破綻し、支払い能力がないと判断される場合に利用できるものです。生活に最低限必要なもの以外失うことになりますが、借金問題から解放されゼロからやり直すことができます。

 

自分はどの状況にあてはまるのかを正確に判断して、自分に最適な債務整理を選びましょう。
適していない方法をして債務整理に失敗するとよけいに負担が増えてしまいます!


自分に最適な債務整理ってどうやって判断するの?

無料・匿名で利用できる診断シミュレーターで、まずは診断してみましょう。

 


⇒匿名で無料診断してみる

 

弁護士事務所の選び方

無料で相談できる

まずは自分の状況を理解する
債務整理をするとなると、専門用語ばかりで、自分で調べてもよくわからないこともあると思います。
そんなときは、専門家に相談し、まず自分がどういう状況にいるのかを確認しましょう。
その上で、自分に最適な方法を専門家と一緒にプランニングしていくのがいいでしょう。

 

費用や支払い方法が明確である

費用を確認する
実際に弁護士の方に債務整理をお願いすることになれば、もちろん費用がかかります。
ケースによって費用も変わってくるのでぜひいくらかかるのかは確認しておきましょう。
おすすめは、初期費用がかからない事務所です!
そのほかにも、後払いや分割での支払いが可能かなど、支払い方法も聞いておくとあとで困りません。

 

債務整理に関して実績がある

実績がある事務所を選ぶ
やはり、実際に経験や実績があるからこそ出てくるアドバイスや選択肢があると思います。
なので、借金問題に関して実績を持つ事務所だとより安心して任せられますよね。
また経験が豊富であれば、複雑な債務整理の手続もスムーズに進めてくれるはずです!

 

無料で相談ができるおすすめの弁護士事務所

借金お助け相談センター

24時間365日対応可能

初期費用¥0,分割払い可

相談は何度でも無料

 


⇒借金お助け相談センターに無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-358-071

 

岡田法律事務所

初回無料相談

ヤミ金からの借金にも対応

 


⇒岡田法律事務所に無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-863-673

 

RESTA法律事務所

24時間365日対応可能

初期費用¥0

無料相談対応,実績多数

 


⇒RESTA法律事務所に無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-501-605

自己破産する前に!

低金利でキャッシングしてくれる消費者金融会社をランキングをつけて比較したので参考にしてください。ほんの少しでも低金利な消費者金融の業者に申し込んで、間違いのないお金の借り入れを実現しましょう。 審査についての情報を借入する前にチェックしたり比較したりしておきたいという方はぜひ見ておくべき内容です。諸々の消費者金融会社の審査基準について詳しくお知らせしています。どうぞ、借入に先立ってしっかり分析してみていただきたいのです。

自己破産後について

限度額、金利、審査の所要時間など種々の比較項目が挙げられますが、ぶっちゃけ消費者金融間においての融資金利や利用限度額に関する差は昨今では凡そ認識できない状態になっていると言えます。 借り入れから一週間以内に返済を終えれば、何度借り入れしても無利息で借りられる珍しいサービスを採用している消費者金融業者も存在します。期間は一週間と短いですが、返し終われる見通しの立っている方には魅力的な制度だと言えます。 ケースごとの審査で受けてくれる消費者金融業者を一覧にしたものです。他の会社で不合格になった方でもがっかりしないで、まずはお問い合わせください。違う会社の債務件数が複数あるという人向けのところです。 無利息キャッシングサービスは、それぞれの消費者金融会社で違うので、インターネットを使って様々な一覧サイトを角度を変えて比較しながら見ていくことで、自分に最適なサービス内容を見つけ出すことができると思います。

自己破産とブラックリスト

ウェブサイトで検索することで見つかる消費者金融業者を一覧表にしたものを見ると、金利に関する様々なことや融資の限度額のようなローンとかキャッシングの細かい部分が、すぐに理解できるように分類されています。 もうちょっとで給料日!」といった方にぴったりの小口キャッシングでは、実質無利息で貸付を受けられる確率が間違いなく大きいので、無利息期間が設けられた消費者金融を最大限有効に役立てていきたいものです。 普通、大きな金融会社は健全なところが多いのは確かですが、まだまだこれからの消費者金融系の会社に関しては、情報が少ないし利用者も少ないため、口コミは重要度がかなり高いと言えるでしょう。 自分自身が直接店を訪問するのは、人の目が気がかりであるというのなら、ネットの消費者金融業者の一覧を上手に使って、自分に合った借入先を探してはいかがでしょうか。 貸し付けてもらう金額の大きさによっても金利は変わるので、適正な消費者金融業者自体も変わってきて当然です。低金利という項目だけに固執しても、あなたに最適の消費者金融会社を選ぶことはできないのです。

自己破産とは?

とりわけ、消費者金融のローン審査に複数回不合格になっているにもかかわらず、すぐに続けて他の金融会社に申し込みをしてしまったら、新しく申し込んだ審査に受かるのが難しくなると思われるので、気をつけるべきです。 銀行系の消費者金融業者の場合でも、ネット申し込みOKのところも思いのほかあります。それ故に、融資の審査時間を速めることと当日中に振り込まれる即日融資が実際に可能となったのです。 このサイトを確認しておけば、あなたでも消費者金融会社で借入審査をクリアする為の方策が見えてくるので、面倒な思いをして借り入れOKの消費者金融関係業者の一覧等を見つけ出すこともなくなり焦らなくてもよくなります。 ウェブで「消費者金融の口コミ」と入力して検索をかけると、夥しい数の個人のウェブサイトがヒットします。そもそも何をどこまで信頼できるのだろうと戸惑う方も多くいるでしょうね。

 

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法


ホーム RSS購読 サイトマップ